2009年6月11日 (木)

三周年記念パーティー⑥

第三部 ティータイムミニコンサートそして感謝

第三部はヴァイオリン演奏で楽しんでいただきました。演奏をお願いしたのは、丸井知子先生です。知人のご紹介で演奏してくださることになりました。曲目もティータイムにふさわしい曲を選んでくださいました。最初の曲、モンティー作曲「チャルダッシュ」は私の一番好きな曲・・・・・・・・。優雅な時間が流れていきました。パーティーもいよいよラスト。サプライズが待っているなんて・・・・・。想像もしませんでした。
Photo_3

モンティー:チャルダッシュ
マスネー:タイスの瞑想曲
モーツアルト:メヌエット
エルガー:愛のあいさつ
クライスラー:美しきロスマリン

Photo_2
優雅なひととき。ありがとうございました。Photo_4
お楽しみ抽選です。
お花のアレンジや
英国で買ってきた紅茶が
当たります。
ラッキーナンバーは
各テーブル「3」と「4」でした。
Photo_6
おめでとうございまーす。

Photo_7
思いもよらないサプライズが待っていました。
Photo_8
感激で言葉がなかなか出てきませんでした。
Photo_9
パーティーに来てくださった方、
お一人お一人にお礼を。
Photo_10
パーティーが終わってほっと一息。やっと、ロビーのお花の美しさに気がつきました。
2009年5月31日。この日は一生忘れられない日となりました。パーティーに来てくださったたくさんの皆様ありがとうございました。また、準備から出展まで頑張ってこられた生徒の皆様ご苦労さまでした。そしてどんな時も支えになってくれた家族がいたからこそ、この日を迎えることができました。これからも、お茶を通して「おもてなし」の心を大切にするサロンを目指して頑張っていきたいと思っております。
本当に、本当にありがとうございました。


2009年6月 9日 (火)

三周年記念パーティー⑤

第二部 会食 
ティーテーブルコーディネート発表の後は、第二部の会食です。リッツカーツトン大阪のコース料理&フリードリンクを楽しんでいただきました。会食を通して、テーブル毎のお話も弾んだようです。初めて出会った方々も交流や親睦が図られたようです。今回のパーティーでは生徒様親子で参加してくださった方が11組もありました。親子で同じ趣味を持てるっていいですよね。また、お友達を誘って来てくださった生徒様も多かったようです。年代を超え、紅茶を通した繋がりが広がっていきました。つづく。
D0115983_17355491
テーブルはやさしいピンクのクロス。お花もクロスに合わせました。
Photo
乾杯の音頭も生徒様にお願いしました。
挨拶がとっても素晴らしかったと評判でした。
ありがとうございました。
Photo_2
D0115983_173513591

メニュー
サヴォイキャベツに包まれた
グラブラックスサーモンとベルペッパー
ハニー風味のマスタードソース
D0115983_17352051
ソラマメと蛤のコンソメジュレ
D0115983_173530411
真鯛のオーブン焼き
春野菜グリルマリネ
バジル風味のオイル
D0115983_173536601
特選牛フィレ肉のソテーポンムヌッフとエシャロットコンフィと共に
マデラとベアルネーズクラシックなソースのアンサンブル
D0115983_173546481
抹茶ガレットでサンドした
ストロベリーパルフェ
D0115983_173554381
コーヒー又は紅茶

2009年6月 7日 (日)

三周年記念パーティー④

第一部 ティーテーブルコーディネート発表
当日の朝、会場入りしたのが9時半。その後、続々と出展された生徒の皆様がテーブル設営のために会場入り。司会のマイクテスト、出展者の発表練習、ホテルとの打ち合わせ・・・と慌ただしく時間が過ぎていきました。お客様のテーブルにお花も飾られ、会場がどんどんと華やかに出来上がっていきました。その中で私もテーブルを出展させていただきました。今回のタイトルは「ようこそ 紅茶の世界へ」。英国で始まったアフタヌーンティーの習慣。お茶を愉しむだけではなく、テーブルやお部屋のインテリアにおいても華やかなものになっていきました。そんな紅茶の世界を表現できたらという願いをこめてコーディネートしました。
Photo
タイトル「ようこそ 紅茶の世界へ」
W3
Table102
カップはオールドノリタケ。トレイは漆器。銀のケトルは100年前のもの。銀のティーポットセットはアールデコ。今年、英国で出会ったアンティーク達です。こんな盛大なパーティーで披露できるなんて・・・・。
Table103
お花を決めるのに時間がかかりましたが・・・オレンジのユリが凛として、オリエンタルな雰囲気に。
Photo_2
生徒様の発表の後、会場の作品を自由にご覧いただきました。
Photo_3

Photo_4
出展者に質問されたり、和気あいあいとした雰囲気に。つづく。

2009年6月 5日 (金)

三周年記念パーティー③

第一部ティーテーブルコーディネート発表
パーティー当日の朝、ホテルの会場で、生徒様の作品を見た時の感激は一生忘れないと思います。このような盛大な会を開催することができたのは、生徒様はじめいろんな方達のご支援があったからと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
Table61
タイトル「虹色のお茶会・・・大好きなお庭で」
Table62
小さな女の子が雨上がりのガーデンでお茶を楽しんでいます。
見ているだけで元気がもらえるようなテーブル。
楽しみながら、イメージがどんどん膨らんでいったということです。
2人のチームワークのコーディネートです。
風船を膨らませるのが大変でしたね。
Table7
タイトル「アフターウエディングティータイム」
W5
ウエディングが終わって、幸せいっぱいのお二人。
テーブルからも、花嫁さんの初々しさが伝わってきます。
お花やケーキも手作りです。
いつまでも幸せにという想いが詰まったテーブルです。
Table8
タイトル「お雛様」
W4
紅茶が子供のようとおっしゃる生徒様。
母から成人した娘へのお祝いのティーテーブルをイメージされました。
ロイヤルロペンハーゲンのお雛様のプレートは、初めて見ました。
想いのこもったコーディネートになりましたね。
Table91
タイトル「子どもと楽しむアリスのティータイム」
Table92
テーブルにアリスのお話のストーリーができましたね。
クロスの色やカップ、お花・・・
いろいろ苦労したかいがありましたね。
とっても可愛くて楽しいテーブルになりましたね。

つづく。

2009年6月 4日 (木)

三周年記念パーティー②

第一部ティーテーブルコーディネート発表
このパーティーの為に、1月から出展を考えてくださった生徒の皆様。途中で悩んだ方もあったと思います。不安になった方もあったのではないでしょうか。それを乗り越えての出展&発表でした。皆様のお陰で素晴らしいパーティーとなりました。この発表を通して紅茶の世界がまたひとつ広がったのではないでしょうか。
Table31
タイトル「ローズガーデンパーティー」
Table32_2

マイセンのケーキ皿とガラスのドームのバラは生徒様の手描きの作品です。本物とまったく見分けがつかないほど見事です。銀のティーポットは昨年いっしょに英国に旅した生徒様の思い出のお品です。バラのレースもエレガントですね。3人のチームワークのコーディネートです。こんなお茶のテーブルに招かれたら嬉しいですよね。

W2

タイトル「結婚記念日のイブニングティー」
Table42_2

赤のクロスが大人っぽいテーブルに。ケーキ型のキャンドルは手作りとか。銀器が可愛くて、エレガントです。

こんな素敵なテーブルで結婚記念日のイブニングティーがいただけるなんて幸せですね。
W1
タートル「ウインザー城の蝶に招かれて」
Table52
ビクトリア女王生誕
190年にあたる年。
ビクトリア女王が
見染めたという食器「ビクトリアンブーケ」を使い、イメージをふくらませたようです。
ティーマット・ケーキ・小物にいたるまで手作り満載のテーブル。
4人のチームワークのコーディネートです。

つづく。

2009年6月 3日 (水)

三周年記念パーティー①

第一部ティーテーブルコーディネート発表

5月31日リッツカールトン大阪にて、三周年記念パーティーを開催しました。104名もの方にご参加していただき感激しました。紅茶を通して人と人とのつながりの大切さを実感しました。パーティーは三部に分かれて企画しました。第一部は生徒様によるティーテーブルコーディネートの発表。第二部は会食。第三部はティータイムミニコンサートです。少しづつですがパーティーの様子をアップしていきたいと思っております。

Photo_5
ウエルカムフラワーでお客様をお迎えしました。
Photo_6
テーブルのお花とプロブラム。プログラムも生徒様が手づくりしてくださいました。ネームカードは達筆の生徒様が書いてくださいました。みんなの手づくりパーティーです。
Photo_7
お客様がぞくぞくと。受付もスムーズにできました。
Photo_8
受付の皆様、ありがとうございました。
Photo

Photo_9
司会も生徒様がしてくださいました。原稿を作って、何度も何度も練習してがんばりましたね。
Photo_12
会場は華やかな雰囲気に包まれました。
Photo_10
挨拶は大の苦手。緊張して体もカチコチに。

生徒様によるティーテーブルコーディネートの発表です。
Table11
タイトル「母の日のプチ・ガーデンパーティー」Table12
結婚のお祝いに頂いたティーカップを使って。
このテーブルでお友達とのお茶会を約束されているとか。
Table2
タイトル「初夏のテーブル」
W6

アポニーグリーンとインドの華を使ったシンプルで爽やかなテーブルです。果物でアクセントを。
2人のチームワークのコーディネートです。

生徒様の発表テーブルは全部で9テーブル。お一人またはグループでの出展です。皆様力作ぞろいです。お楽しみに。つづく。

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31