« サロンは秋のしつらい | トップページ | ワールド・ラグジュアリー・エクスペリエンスINラ・スイート神戸 »

2015年9月10日 (木)

なかひがしIN京都

9月はじめ、なかなか予約の取れないという京都の「なかひがし」に行ってきました。
Photo
JR京都駅から、バス(1日乗り放題500円パス購入)に乗り、銀閣寺で降りると、琵琶湖の疎水べりに哲学の道がありました。その前に「なかひがし」の看板が見えました。
Photo_2
間口が狭い、いかにも京都らしい店構えでした。
Photo_3
1階は、カウンター席。
Photo_4
2階は、個室でした。
Photo_5
2階からの眺めは、疎水が見えます。春は桜、秋は紅葉、冬は雪景色なのかしら。
9月はこんな感じです。お店の前から大文字焼きが見えるそうです。
Photo_2
だから、こんな絵柄のお湯のみ。うーーん、なるほど。
Photo_3
では、お料理を。最初は、イモの葉を器に見立てて、どれも美味しい前菜です。
朱赤の根来盆は、川勝氏(私もファン)の作品です。川勝氏は、「なかひがし」のオーナーのお友達とか。
いきなり、テンションがあがります。
Photo_4
京焼きの器には酢の物。
Photo_5
炭火で焼いたアユ。香ばしくて頭まで全部いただきました。
Photo_6
途中で、ご飯一口?
炊きたての一番おいしいところだそうです。ふーん、この美味しさがよくわからなかった。
Photo_7
鯉のあらい。新鮮お野菜といっしょに混ぜながらいただきます。
臭みもなくて、いけます。
Photo_8
椀物。京都らしい白味噌風味。見た目がちょっと残念。
Photo_9
レンコンの穴に豆を詰めて。先行き不透明とか。シャレ?京都らしいおばんざい。
すこし味が濃かったかな。
Photo_10
最後はミョウガを利かせた一品。後口にはぴったり。
Photo_11
ご飯も美味しかったが、土鍋に目が釘ずけ。いっぺんに気にいりました。
仲居さんに聞いたら、亭主がこの土鍋に惚れこんでお店をするキッカケになったそうです。
Photo_12
ご飯にこだわると、「めざし」に行きつくそうです。そうかなあ?
Photo_13
空に浮かぶ「めざし」。器は大倉陶園で別注されたそうです。
Photo_14
デザートの器も川勝氏の漆器。素敵でした。器が素敵だと、お料理も美味しく感じるから不思議です。

噂の「なかひがし」。フレンチの巨匠・アランジュカスも行ったそうですよ。そして川勝氏の漆器を持って離さなかったそうです。

三ツ星にも選ばれたそうですが、敷居も高くなく、女将も楽しい方でした。


« サロンは秋のしつらい | トップページ | ワールド・ラグジュアリー・エクスペリエンスINラ・スイート神戸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サロンは秋のしつらい | トップページ | ワールド・ラグジュアリー・エクスペリエンスINラ・スイート神戸 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30