« サマーティーパーティー | トップページ | お茶のプリンスとの出会い »

2009年8月 1日 (土)

ルーヴル美術館展&京都の美味しいもん

京都市美術館の「 ルーヴル美術館展」に行ってきました。17世紀の絵画を代表するフェルメールが見どころでした。一昨年、オランダのアムステルダムでフェルメールやレンブラントを見ました。その時はただボーと観ていただけでした。今回はフェルメールの本を買って読んでいます。フェルメールがなぜ生涯に描いた作品が少ないのか?そのころのオランダの状況や生い立ちをたどった本です。今になってフェルメールファンが多いのもうなずけます。さて、展覧会を観た後は、美術館から徒歩5分位のところにある日本料理「美先」(みさき)に行ってきました。花背「美山荘」の店主・中東久人氏監修の和食料理店です。和食器も凝ったものを使っていて、目でも楽しめました。お味は・・・・お値段の割には★かな。でもお店の雰囲気がよかったのでゆっくりできました。帰りは四條河原町まで出て美味しいかき氷をいただきました。汗がすっと引いていきました。京都は何回来ても、又行きたくなる不思議な町です。
Photo
美術館の外観も美しい。
Photo_2
日本料理「美先」の入口。
Photo_3
かわった石の蹲が迎えてくれました。
Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7
Photo_8
Photo_9
Photo_10
Photo_11
「美先」の店内。
Photo_12
高瀬川の情緒ある雰囲気がいかにも京らしい。
Photo_13
河原町通りにある甘党のお店「梅園」。
ミルク抹茶白玉あずき。
みたらし団子も美味しそうでした。

« サマーティーパーティー | トップページ | お茶のプリンスとの出会い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サマーティーパーティー | トップページ | お茶のプリンスとの出会い »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30