2019年3月31日 (日)

4月レッスン日程

2016

2016年4月のテーブル。

南イタリア・アマルフィーの思い出をテーブルに再現したものです。

2016_1

明るい海と陽気なイタリア人。アマルフィーの陶器が素朴です。

さて、今年の4月のテーブルは「イースターティーパーティー」です。春を迎えるテーブルにピッタリなコーディネートでお待ちしております。

テーマカラーは黄緑。大人可愛いコーディネートに仕上げました。お楽しみにお越しくださいませ。

4月のレッスン日程

3日(水)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)

5日(金)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

6日(土)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

8日(月)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

9日(火)11:30~テーブル&ティー(テーブルコーディネートの基礎)

11日(木)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)

13日(土)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)

16日(火)11:30~プロフェッショナル(資格養成)

17日(水)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)

18日(木)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

19日(金)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

      15:00~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)

22日(月)11:30~エンジョイ(コンフィチュールと紅茶のマリアージュ)満席

23日(火)11:30~プロフェッショナル(資格養成)満席

2018

20184

2018年4月のテーブル「イースター」

2012

2012_1 2012_1

2017

フランス コルマール郊外 エギスハイムのイースター飾り

Photo_832

フランス アルザスの美しい村 イースター飾り

 

 

サロンのレッスンや体験レッスンについてのお問合せ

電話 06-6876-1684

       090-2383-4526

 

 

 

 

3月のサロンは「雛のお茶会」

Photo_826

3月のサロンは和室で「雛のお茶会」でした。

Photo_827

フランスで購入したピンクのクロスに越前和紙が上品です。

Photo_828

お花も、クロスのピンクに合わせました。

桜と菊でより華やかになりました。

P1440975261

手描きのお雛様は、毎年好評です。

P1440967261

この花瓶は紙で作られています。中はペットボトルです。

奈良のセレクトショップで購入。下に影が出来て雰囲気があります。

P1440990261

手毬寿司は、今年、東京ドームのテーブルウエアーで購入した山中塗です。

色々、使えそうです。

P1440976261

昨年、サロンの遠足で京焼を訪れ購入した白磁の湯呑です。

漆器のコースターにもピッタリ。

P1440995261

蓋を開けると、染付が素敵です。お煎茶の色が映えます。

P1440991241

主菓子は季節を感じますね。

P1440998241_2

P1450003241

深川製磁(有田)ともよく合いました。

Photo_829

エンジョイクラスは、お煎茶の美味しい淹れ方をレクチャーいたしました。

これからも紅茶だけでなく、お茶の世界を広げていきたいです。

P1440946361

あらら、どこからか蝶が飛んできましたよ。実はソーラーで動く蝶でした。

Photo_831

ウエルカムティーは福井名産のお茶にしました。

P1440949261

江戸時代に鯖江藩主のお茶会で使われたそうです。柚子の香りがします。

P1440953261

春を感じる優しいお茶でした。

3月もたくさんの生徒様に来ていただきありがとうございました。

お写真を提供して頂いた生徒様ありがとうございました。

 

4月も皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

2019年3月11日 (月)

4月体験レッスンご案内

2010
↑2010年ロンドンのホテルにて

カーテンごしの日差しが優しいですね。。もうすぐそこまで春が近づいています。
新しい学びを始めませんか。まずは、紅茶の美味しい淹れ方をマスターしましょう。
紅茶が好きになったら世界が広がります。素敵なテーブルコーディネートで「おもてなし」上手になりませんか。


日時     4月15日(月)11:30~2時間位
          4月20日(土)11:30~2時間位
          4月24日(水)11:30~2時間位
          4月25日(木)11:30~2時間位
        

内容     紅茶の美味しい入れ方(ゴールデンルール他) 
             おもてなしテーブルコーディネートの作り方
             ティータイム(紅茶&ケーキ)

受講料    3000円(テキスト、紅茶葉お土産付き)


メール又はお電話で受け付けております。
Eメール
 電話:06 6876 1684 又は 090 2383 4526

日時が合わない方はご相談くださいませ。

2019年2月28日 (木)

3月のレッスン日程

18
↑上の写真は、昨年のテーブルコーディネートです。3月は、お雛様をテーマにコーディネートしたくなります。何歳になってもお雛様気分になっていたいですよね。
さて、今年の3月のテーブルも、やっぱり雛のお茶会です。
テーブルウエアー・フェスティバル2019で購入した漆器を使っています。和モダンな雛のテーブルになっています。カラーはピンクにゴールドとシルバーをアクセントにしました。漆器と越前和紙との組み合わせがモダンになりました。大人女子の雛のお茶会・・・・どんな話題になるのかしら。今から楽しみです。
さあ、和室でゆったりとお過ごしくださいませ。

サロンでほんのひと時 癒しのお茶時間を楽しんでいただければ幸いです。皆様のお越しをお待ちしております。

☆3月自宅サロンのレッスン日程☆

●   3月 1日(金)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
●   3月 2日(土)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)
●   3月 4日(月)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
●   3月 6日(水)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)
●   3月 7日(木)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
●   3月12日(火)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)
    13:30~プロフェッショナル(資格養成)
●   3月14日(木)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
●   3月15日(金)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
    15:00~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)
●   3月16日(土)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
           テーブル&ティー
●  3月18日(月)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
●   3月19日(火)
    11:30~マスター③(アレンジティー)
●   3月20日(水)
    11:30~エンジョイ(テーブルウエアー・フェスティバル2019、雛のお茶)満席
13
↑↓2013年3月のテーブル
雛祭りがテーマでした。
13_2

17
2017年3月の雛祭りは萌黄色がメインカラーでした。


☆レッスンはテキスト・紅茶・軽食・ケーキ・プチ茶葉のお土産付き

ベーシック(30000円/6回)
マスター(33000円/6回)
テーブル&ティー(36000円/6回)
エンジョイ(36000円/6回)
プロフェッショナル(48000円/6回・全12回)
☆キャンセル料・・前日、当日の場合半額いただきます。
12
2012年3月のテーブル春の訪れ

サロンのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせくださいませ。 

レッスンを体験されたい方は、
メール又はお電話で受け付けております。
Eメール
 電話:06 6876 1684 又は 090 2383 4526
Photo_4
吊るし雛
今年2月、東京のホテルに飾っていました。


2月のサロンはSpring of English garden

Photo
2月のタイトルは「Spring of English garden」でした。英国の早春のガーデンをイメージしました。外はまだ寒いですが、柔らかな日差しはお部屋に春を届けてくれるようです。サロンで一足早い春を感じていただきました。
P1440686261
お花は、テーマカラーのパープルピンクです。。
Photo_2
カップはビレロイ&ボッホのプチフルールです。今は廃盤になっています。
10年位前、ロンドンのホテルでアフタヌーンティーをした時に出会ったカップ。
可愛くて、日本に帰ってからフルセットで買いました。
Photo_3
パンジー、デージー、忘れな草、ローズヒップ・・・英国のお庭に咲いているようです。

P1440694261
ポットやシュガーのつまみは苺になっています。

P1440723261
苺タルトがピッタリ・・・・。紅茶はストロベリーフレーバーにしました。

P1440722261
サンドイッチには、クイーンズティー(ダージリンオータムナル、ディンブラ、キーマンのブレンド)を合わせました。
P1440735281
暖炉を囲んでティーパーティーの始まりです。おしゃべりも弾んで・・・・・。
P1440705261
ウエルカムティーには、特注のチョコレートでおもてなし。
P1440704261
ヘレンドの蓋付キャンディーボックスはアンティークです。昨年スイスのチューリッヒで購入しました。
ここにはチョコボールを・・・・。
P1440713261
紅茶はチャイです。身体の芯から温まっていただきました。
P1440721261
2月のエンジョイレッスンは、「ビレロイ&ボッホ」とドイツの紅茶「ロンネフェルト」でした。
世界の五つ星ホテルでよく飲まれている上質な紅茶でファンも多いです。
今回の試飲は、アイリッシュモルト・ヘーレントフィー・クイーンズティー・ストロベリーフィールドでした。


2月のレッスンもアッという間に終わってしまいました。
沢山のお写真を頂いた生徒様、ありがとうございました。

寒い中、レッスンに来ていただいた皆様ありがとうございました。
3月もお待ちしております。

2019年2月27日 (水)

第3回 中国茶特別セミナーご案内

     第3回 中国茶特別セミナー 
好評をいただいております中国茶特別セミナー、今回は佐々木真弓先生のご紹介で中国の呉昱瑾(ごいくきん)女士をサロンにお迎えするチャンスに恵まれました。是非この機会にお茶の世界を広げませんか。

テーマ 湖南省安化の黒茶王「千両茶」を極める

日時 2019年5月16日
    11:30~
    15:00~

定員 各回7名

講師
    「湖南利源隆茶業有限責任公司」社長の呉昱瑾(ごいくきん)女士
    (通訳 佐々木真弓先生)

内容

湖南省安化の黒茶は種類が多く、味わいもそれぞれに特徴があります。中でも黒茶の茶王とまで言われるようになった「千両茶」は、1862年頃に生まれたものの、歴史の荒波に揉まれて一時期消滅したことがありました。しかし、1997年、安化の茶業者たちの努力によって見事に甦り、今日の黒茶ブームの到来を生み出しました。
その立役者となった「湖南利源隆茶業有限責任公司」の董事長・呉建利氏の特別な計らいで貴重な千両茶の提供を受け、日本では極めて貴重な千両茶を味わう特別セミナーを開催します。
セミナーでは、同社社長の呉昱瑾(ごいくきん)女士および佐々木真弓による講義とともに、現代千両茶の基礎となった記念すべき「1997年制」をはじめ、年代ごとに数種の千両茶を淹れて飲み比べ、材料や作り方にこだわった本物の味やその味わいの変化をしっかりと体験していただきます。ぜひご参加ください。
また、いつも紅茶を学んでいる皆様にとっては、お茶の発祥地・中国からの茶業者の話を聞くことは得難い機会ではないかと思っています。

呉昱瑾(ご いくきん)プロフィール
湖南利源隆茶業有限責任公司社長、高級評茶員
父親・呉建利氏(湖南利源隆茶業有限責任公司董事長)は、 1997年、一時期途絶えた安化千両茶の
再生産に成功し、それにより、安化千両茶製作技術は中国国家無形文化遺産となり、呉建利氏は
「無形遺産伝承人」となる。呉昱瑾(ごいくきん)女士は呉建利氏の継承者として湖南黒茶(安化
黒茶)の普及に努めている。

参加費 6000円(テキスト・お茶・お土産茶葉・軽食付き)

〆切 定員に達しましたら締め切ります。

毎日カルチャー春講座(3月~5月)募集中

春からの学びは紅茶からー
3

紅茶を学びながら、毎月テーマを決めた季節のおもてなしのテーブルまで幅広く楽しんでいただける内容になっています。講師による海外の紅茶事情のお話やお写真も盛り込んでおります。
紅茶を通して世界を広げましょう。
毎回、講師によるティーテーブルコーディネートの提案も見ていただけます。

ー3か月で学ぶ 英国式紅茶&テーブルコーディネートー

美味しい紅茶とケーキで過ごす優雅なひととき。美味しい淹れ方はもちろん、紅茶とお菓子の組み合わせ、茶葉の特徴や英国の歴史を知って、紅茶の世界を広げましょう。アフタヌーンティーのマナーからティーパーティーの開き方、心のこもったおもてなし、おしゃれなテーブルコーディネートまで幅広く学びます。

【開講日】第4金曜10:30~12:00
      3/22スタート、4/26、5/24
【受講料】3カ月9600円(テキスト、材料費・ケーキ代込み)入会金不要

生徒様によるティーサービスの仕方。アフタヌーンティーのマナー等も学びます。


お申込み・お問い合わせ

大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル2階
毎日文化センター

       お電話:06-6346-8700
       ファクス:06-6346-8703


2019年2月26日 (火)

テーブルウエアー・フェスティバル2019

2月9日雪の舞う寒い日でした。東京ドームの「テーブルウエアー・フェスティバル2019」に今年も行ってきました。寒かったせいか、とても空いていて、見やすかったですよ。
今年のテーブルコーディネートのテーマは「私流・テーマカラーでおもてなし」でした。私自身、テーブルコーディネートで一番気になるところがカラーなんです。何でも最初に目に飛び込んでくるのは、形ではなく色のような気がします。というので今年も楽しく見させていただきました。
Photo_4
今年の大賞のテーブルです。タイトルは、「今宵、月の下で茶の・・・・」。夜の雰囲気がとってもよく出ていて素敵でした。
色使いも工夫されて、トータルコーディネートですね。中国茶を愉しんでおられるのですね。
Photo_5
私の好きなカラー(ブルー)です。タイトルは、「JAPAN BLUE~維新の宴~」。すっきり感が大人ですね。
Photo_6
このテーブルも目に留まりました。タイトルは、「古都金沢 壁 格子のベンガラ色に導かれて」。ベンガラ色なんて日本にしかない色ですものね。日本の色の多さは世界にも誇れると思います。
Photo_8
今年の特集はドイツのテーブルウエアーでした。ヨーロッパで初めて磁器を作ったマイセン。こんなモダンな作品もあるなんて驚きでした。うーーーーん。時代の流れでしょうか。
Photo_9
ミュージシャンTETSUYAさんのテーブル。テーブルにも才能が見られます。バンクシーの絵も飾られています。


Photo_7
このテーブルは、黒柳徹子さんと田川啓二さんのコラボレーションです。春から夏の季節の移り変わりを表現されているとか。ガラスの食器が美しい。
2gatu
ちょうど、スペシャルステージでお二人のトークショーがありました。徹子さんの服のビーズ刺繍は田川啓二さんの作品でした。徹子さんの軽妙なトークに会場がほのぼのとした雰囲気に包まれました。

せっかく来たのだからと、ショップでお買い物。山中塗のお皿を6枚購入しました。
3月のサロンのテーブルコーディネートに早速使っております。お楽しみに・・・・。

2019年2月25日 (月)

富士山に魅せられて

2月初旬、富士山が綺麗に見えるという河口湖畔に建つ老舗旅館「うぶや」に宿泊しました。どのお部屋からも富士山が眺められるという噂どおりの絶景でした。2時過ぎに到着した時は、雲に隠れてまったく見えなかったのですが、仲居さんの仰る通り、翌朝、日の出前から起きてみると、目の前には、富士山の絶景が拝めました。
しかも逆さ富士までくっきりと・・・・・・。何時間でも眺めていたいと思いました。
Photo
お部屋から見た逆さ富士。朝日に照らされて・・・。ああ、いつまでも眺めていたい。
Photo_2
河口湖畔にある「久保田一竹美術館」に行きました。一竹辻が花作品を常設展示する美術館です。
作品の撮影はできませんでしたが、絞り染の作品は気が遠くなりそうなほど繊細で圧倒されました。
本館は、ひばの大黒柱を使ったログハウスが独特でした。一竹先生がすべて設計されたロマン溢れる建物です。
お庭も広く、ガウディの建築物を思わせる不思議な空間でした。一見の価値があります。
Photo_3
美術館のお庭からも富士山がちょこっと望めました。

寒かったですが、すがすがしい旅でした。

次の日は、東京ドームのテーブルウエアー・フェスティバル2019に行って来ました。

2019年1月31日 (木)

2月のレッスン日程

17
2017年2月のテーブル ↑
↑上の写真は、2年前のテーブルコーディネートです。2月のテーブルは春の先取りがしたくなります。黄色は元気が出るビタミンカラーです。このテーブルは大好きでした。もう2年も経つなんて月日の経つのは早いです。
さて、今年の2月のテーブルは、Spring of English gardenです。
英国の春のガーデンをイメージいたしました。メインカラーは優しいパープルピンクです。ナチュラルな中に可愛らしさやロマンティックさを表現しています。暖炉を囲んでゆったりとお過ごしくださいませ。
さあ、2月も「お茶会」で身も心も温まってくださいませ。。。。。

サロンでほんのひと時 癒しのお茶時間を楽しんでいただければ幸いです。皆様のお越しをお待ちしております。

☆2月自宅サロンのレッスン日程☆

●   2月 1日(金)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)
●   2月 2日(土)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)
●   2月 4日(月)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席
●   2月 5日(火)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)
●   2月 6日(水)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席
●   2月12日(火)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)
●   2月14日(木)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席
●   2月15日(金)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)
    15:00~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)
●   2月16日(土)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)
●  2月18日(月)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席
●   2月19日(火)
    11:30~テーブル&ティー(基本8分類)
●   2月20日(水)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席
●  2月21日(木)
    11:30~エンジョイ(ビレロイ&ボッホ ロンネフェルト紅茶)満席

18
2018年2月のテーブル
バレンタインがテーマでした。
18_2

13
13_2
2013年2月のテーブルはビュッフェ式にしました


☆レッスンはテキスト・紅茶・軽食・ケーキ・プチ茶葉のお土産付き

ベーシック(30000円/6回)
マスター(33000円/6回)
テーブル&ティー(36000円/6回)
エンジョイ(36000円/6回)
プロフェッショナル(48000円/6回・全12回)
☆キャンセル料・・前日、当日の場合半額いただきます。

12

2012年2月のテーブル
和と洋のアレンジです。


サロンのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせくださいませ。 

レッスンを体験されたい方は、
メール又はお電話で受け付けております。
Eメール
 電話:06 6876 1684 又は 090 2383 4526

11

何年前かしら?2月のテーブル
バレンタインがテーマでした。懐かしいです。


2019年1月30日 (水)

1月のサロンは迎春

Photo
P1440278241
1月のサロンは「迎春」でした。平成最後のお正月、この30年のいろんな事が蘇りました。新しい年に向け、心機一転、イノシシのように突き進んでいきたいです。
P1440284241
フィギュアーは、干支と鯛です。。
Photo_2
床のお花です。
P1440289241
母の帯を使いました。
P1440339261
羽子板には、お寿司をいれました。
P1440293261
有田のワイングラスには、甘酒を入れました。
P1440353261
お煎茶は、ヘレンドのアポニーパーシモンです。
P1440351261
主菓子と合わせました。
P1440304261
和室のお庭。お正月は、和が似合います。
P1440313261
リビングのピアノの上は、家族が作ってくれた飾りです。
Photo_3
ダイニングのお花です。
P1440331251
ウエルカムティーは大福茶です。1年の健康をお祈りしました。
P1440319261
川勝さんの漆器で頂きました。梅を入れるとまた味が違います。
P1440310261
菓子器は信楽です。信楽のレクチャーもしました。
P1440320261
お抹茶椀も信楽です。高台が、亥になっていて、楽しいです。
P1440323261
お湯飲みも信楽。イノシシの絵が・・・・。
P1440325261
お煎茶は常滑の急須で入れました。
P1440329261_2
煎茶の淹れ方にもこだわって。
Photo_4
信楽の器で頂きます。

実は、11月に中国のお客様を信楽の楽斎窯にご案内いたしました。
4代目楽斎さんは90歳を越えてもまだお元気でした。
久しぶりに訪ねた信楽。手に馴染む器は、どれも火と土の力強さが伝わってくるようでした。


1月のレッスンもアッという間に終わってしまいました。
沢山のお写真を頂いた生徒様、ありがとうございました。

寒い中、レッスンに来ていただいた皆様ありがとうございました。
2月もお待ちしております。

2019年1月 4日 (金)

1月のレッスン日程

2017

2017年1月のテーブル ↑
↑上の写真は、2年前のテーブルコーディネートです。もう2年も経つなんて月日の経つのは早いです。1月は、どうしても「和」のテーブルコーディネートで「おもてなし」したくなります。新春の寿ぎを生徒様に楽しんでいただくには和室が一番です。お庭の山茶花も咲いて、お客様を迎えてくれています。
さて、今年の1月のテーブルは、華やかな鶴の刺繍の帯をランナーに使いました。帯がアクセントになって、漆器の黒がより映えて見えます。ティーカップは、東洋の絵柄のヘレンドです。和と洋のコラボをお楽しみくださいませ。さあ、2019年始まりの「お茶会」で身も心も温まってくださいませ。。。。。

サロンでほんのひと時 癒しのお茶時間を楽しんでいただければ幸いです。皆様のお越しをお待ちしております。

☆1月自宅サロンのレッスン日程☆

●   1月 7日(月)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)
●   1月 8日(火)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)満席
●   1月 9日(水)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月10日(木)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月11日(金)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月12日(土)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)
●   1月16日(水)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月17日(木)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月18日(金)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
    15:00~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)
●  1月19日(土)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)
●   1月21日(月)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)満席
●   1月23日(水)
    11:30~エンジョイ(信楽焼きと新年のお茶)
●  1月29日(火)
    11:30~テーブル&ティー⑥(ガラス食器)

2013

2013年1月のテーブル
紅白の手ぬぐいをアクセントにしました。
2008
かなり前?のテーブルです。
和室にダイニングテーブルを設置しました。


☆レッスンはテキスト・紅茶・軽食・ケーキ・プチ茶葉のお土産付き

ベーシック(30000円/6回)
マスター(33000円/6回)
テーブル&ティー(36000円/6回)
エンジョイ(36000円/6回)
プロフェッショナル(48000円/6回・全12回)
☆キャンセル料・・前日、当日の場合半額いただきます。
2018
2018年1月のテーブル
越前和紙と津軽漆器の組み合わせがモダンです。


サロンのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせくださいませ。 

レッスンを体験されたい方は、
メール又はお電話で受け付けております。
Eメール
 電話:06 6876 1684 又は 090 2383 4526

2014
2014年1月のテーブル
床飾りは、手作りいたしました。

2019年1月 3日 (木)

あけましておめでとうございます

2019年も三が日が過ぎました。皆様いかがお過ごしでしたか。
私は元日の朝は自宅で家族10人揃っておせちとお雑煮を頂きました。そうそう、今年からですが、おせちの前に大福茶(おおぶくちゃ)を淹れて家族で今年一年の健康を祈りました。
午後からは、京都の嵐山に1泊しました。10人の大移動です。道路も空いていてスムーズに来れました。
旅館では、お湯にゆったり浸かったり、トランプなどして遊びました。
翌日2日は、嵐山の散策をしました。朝早かったので、渡月橋も空いていました。。時折、見かける観光客は、中国や韓国、台湾などの方が多かった。何だか時代も変わったもんですね。
天龍寺まで足を延ばしました。だんだん混んできました。
午後からは、京都水族館に行きました。オオサンショウウオが出迎えてくれて、ビックリ。今でも京都の美しい川に生息するとは驚きでした。最新の設備でダイナミックな魚の生態が見れました。イルカのショーもあって楽しめました。
Img_20190103_214446
1月2日、朝の嵐山。渡月橋も静かな佇まいでした。
Img_20190103_214414
天龍寺まで来ました。お天気も良くて暖かい。

午後から京都水族館に行きました。
Img_20190103_214630
真下から眺められます。
Img_20190103_214600
美しい水色と魚の群れに癒されます。
Img_20190103_214536
ペンギン達にもペアーがはっきりあるという。可愛い夫婦です。
Img_20190103_214509
イルカのショー。遠くに東寺がくっきりと見えます。

1泊でしたが、家族揃っての旅行はかけがえのない時間となりました。

2018年12月31日 (月)

クリスマスパーティーinシャンポール

今年のサロンのクリスマスパーティーはリーガロイヤルホテルのシャンポールでした。
美味しいフレンチとミニライブ、お楽しみ抽選会。最後にプレゼント交換で大盛り上がりでした。
Photo_7


今年も沢山の生徒様やご家族・お友達に参加していただきました。
人の輪が繋がっていきます。
Photo_8
生徒様によるミニライブも大変好評でした。
Photo_9
司会や準備をお手伝いいただいた生徒様と。


今年1年を振り返っても、
沢山の生徒様やそのご家族様・お友達との出会いがありました。感謝・感謝・感謝です。


心温まるクリスマスティーパーティー

生徒様から素敵なクリスマスティーパーティーのお写真が届きました。
お家にお招きする「お茶会」ほど心温まるものはありません。
ゲストの方々の喜ばれたお顔を想像するだけでも楽しくなりますね。
最近、「おもてなしって、何だろう。」と考えることが多いです。
人が集う場は、やはりお家にあるような気がします。
1546235248370


1546235207758_2


1546235198558
1546248917049

木の温もりが感じられる素敵な空間に、癒されます。
お写真、ありがとうございました。

2018年12月30日 (日)

12月のサロンはレッドクリスマス

Photo
平成最後のクリスマスは、赤をメインカラーにコーディネートしました。ザ・クリスマスでしょうか。華やかさが出ます。皆様のお顔も明るくなって、平成最後のクリスマスを楽しんでいただけて、本当に嬉しかったです。
今年は地震・台風と災いも多かったですが、そこから学べた事も多かったです。
P1440035261
P1440047261
ツリーのオーナメントも華やかにしました。
P1440040261
ピアノの上はこんな感じ。
Photo_2
今年はスワッグ(ドイツ語で壁飾り)にしました。
Photo_3
これもドイツの飾り。ベルリンで買いました。
2018年のクリスマスティーは
Photo_4
ウイッタード
Photo_5
トワイニング
Photo_6
フォートナム&メイソンにハロッズ
4種類です。11月にロンドンに行かれた生徒様にお願いして購入していただきました。
ありがとうございました。
P144008526
どれも美味しかったです。シュトーレンとの相性もばっちりでした。

今月のエンジョイのレクチャーは「茶器ヒストリー」でした。
P1440080261
ヨーロッパ―にはじめて伝わった茶と茶器です。ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムにある絵画です。昨年、ロンドンで生徒様と一緒に鑑賞しました。
P1440082261
髭カップなんて面白いです。お洒落ですね。
P1440084261
ロンドンのブラマー紅茶博物館にあった茶器は見事でした。
今は、もうなくなっていて、残念です。
1545696087945
さあ、クリスマスティーパーティーです。
P1440033241
P1440106261
イタリアで買ったエスプレッソのカップにはスープを入れました。
P1440105261
メインは毎年恒例のローストビーフです。今年も好評でほっとしました。
P1440111261
ティーカップはウエッジィウッド。ストーク・オン・トレントで購入した思い出のカップです。
P1440109261
シュトーレンもケーキもクリスマスの雰囲気です。
1545696052901
楽しいひと時に会話も弾みました。


平成最後のレッスンもアッという間に終わってしまいました。
お写真を頂いた生徒様、ありがとうございました。

今年もレッスンに来ていただいた皆様ありがとうございました。
来年もお待ちしております。

2018年12月 1日 (土)

12月のレッスン日程

16
2016年12月のテーブル ↑
↑上の写真は、2年前のクリスマステーブルです。イタリア・フィレンツエのジノリ本店で購入した三美神をメインにコーディネートしました。もう2年も経つなんて早いです。
さて、今年の12月のテーブルは、赤をメインカラーにしました。温かみのあるコーディネートになりました。クリスマスツリーとテーブルとの調和も大切にしました。さあ、わくわくするクリスマスのティーパーティー。目いっぱい楽しんで下さいませ。。。。。

サロンでほんのひと時 癒しのお茶時間を楽しんでいただければ幸いです。皆様のお越しをお待ちしております。

☆12月自宅サロンのレッスン日程☆

●   12月 5日(水)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
●   12月 7日(金)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
●   12月 8日(土)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
    13:00~ベーシック⑥(アフタヌーンティーの歴史やマナー)
●   12月10日(月)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
●   12月11日(火)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)満席
●   12月13日(木)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)
●   12月15日(土)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)
●   12月17日(月)
    11:30~プロフェッショナル(資格養成)
●   12月18日(火)
    11:30~テーブル&ティー⑤(テーブルフラワー&実習)
●  12月19日(水)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
●   12月20日(木)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)
●   12月21日(金)
    11:30~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)
    15:00~エンジョイ(茶器ヒストリー&クリスマスティー)満席
1312
1312_2
2013年12月のテーブル ↑ハンガリーのヘレンド窯まで行って購入したチューリンが懐かしいです。

梅田毎日カルチャー秋講座(3回目)☆
    12月28日(金)
    10:30~紅茶の歴史や文化
「お茶会のテーブルコーディネート」他
お申込み・お問い合わせ

大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル2階
毎日文化センター

       お電話:06-6346-8700
       ファクス:06-6346-8703
12

2012年12月のテーブル
大倉陶園の食器は上品で、白が美しい。
☆レッスンはテキスト・紅茶・軽食・ケーキ・プチ茶葉のお土産付き

ベーシック(30000円/6回)
マスター(33000円/6回)
テーブル&ティー(36000円/6回)
エンジョイ(36000円/6回)
プロフェッショナル(48000円/6回・全12回)
☆キャンセル料・・前日、当日の場合半額いただきます。
17
17p1390598261
2017年12月のテーブル
オーストリアのグムンデン窯で購入したトナカイの絵付け皿は、素朴で温かみがあります。
生徒様にも好評でした。


サロンのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせくださいませ。 

レッスンを体験されたい方は、
メール又はお電話で受け付けております。
Eメール
 電話:06 6876 1684 又は 090 2383 4526

体験レッスン
内  容   美味しい紅茶の淹れ方
受講料  3000円
      紅茶・ケーキ・ミニ紅茶葉(お土産)付き

12月13日(木)15:00~
12月15日(土)15:00~
12月20日(木)15:00~


日時が合わない方はご相談くださいませ。

2018年11月30日 (金)

11月のサロンは秋を愛でる

Photo_12
久しぶりに和室での設えです。「秋を愛でる」には和のコーディネートがピッタリです。
お軸の「鹿に紅葉」からイメージを広げていきました。
Photo_13
紅葉に小鹿。小鹿はどこに行くのでしょうか。お母さん鹿を探しているのかしら?色んな想像をして楽しんでいます。
P1430754261
お軸のもみじが落ちて川面に浮かんでいます。小さなもみじは、銀細工です。
P1430764261
お花は菊をメインにしました。
織部と菊が合います。
P1430759261
黄瀬戸は若い頃に窯元で購入した思い出の器です。
P1430800261
黄瀬戸にウエッジウッドのインディアが合いました。
P1430796261
手付き織部には主菓子を入れました。
P1430769241
蓋付織部にはフル―ツを入れました。
P1430767281
センターの帯は母のです。漆のような光沢があります。
P1430799261
黄瀬戸にお菓子がピッタリ。
P1430748261
お庭の竹垣も年数を経て風情があります。


11月のレッスンもアッという間に終わってしまいました。
お写真を頂いた生徒様、ありがとうございました。

明日から師走。
12月のレッスンもお待ちしております。

第2回中国茶特別セミナー

Photo_6
昨年好評につき、今年も中国茶特別セミナーを開きました。講師の佐々木先生は、中国政府公認 高級茶芸師・評茶員です。そして私の40年来の友人でもあります。お互いお茶にかかわる仕事をするという縁にも恵まれました。今春、キーマン茶を求めて安徽省まで一緒に旅行させていただきました。その美味しいキーマン茶が忘れられず、今回もセミナーで生徒様にも楽しんでいただきました。
今回のテーマは「紅茶誕生からキーマン紅茶への道」と題してたっぷりお話ししていただきました。皆様、熱心にメモを取られたり、頷かれたりして真剣そのものでした。
Photo_7
今回の設えは、「四君子」(梅・蘭・竹・菊の総称)の屏風から広がり、本日のお茶、お道具が四君子を現すようになっています。
お花は、をあしらいました。
Photo_8
最初は鳥龍茶の「だいうりょう」です。のような繊細な香気と上品な味わい、甘さが広がります。
Photo_9
可愛いパンダの絵のお菓子、実はのハチミツ付けです。
の茶たくもピッタリです。
Photo_10
紅茶の元祖、世界で最初に作られた紅茶。実は、失敗から生まれました。これが英国で大好評となっていくのです。スモーキーで竜眼の甘い香りがします。本物は、けっして正露丸のような強い香りではありません。
Photo_11
最後はお食事タイム。お茶は菊茶で目にも美しい。先生とのお話しも弾みます。

来年も是非にという声を沢山いただきました。
定員があって、参加できなかった生徒様、申し訳ございませんでした。

素敵マダムのティーパーティー

Photo
11月1日 紅茶の日、秋のお茶会にお招きいただきました。人数が多かったので設えは2部屋でした。こちらは、洋風の設えです。マダムのセレクトはいつもながら素敵で目の保養をさせていただいております。私も大好きなリモージュでした。お料理が映える白のディナー皿の下の位置皿が美しかった。テーブルコーディネートのお花やキャンドルも大人可愛い配色です。
Photo_2
メインも美味しくて、レシピにまで、話題が広がります。
Photo_3
和室の設えです。このお部屋には若いお客様が座られました。
年齢も考えて席を決められているところは、さすが おもてなし上手です。
真ん中のお花が利いています。お道具も目の保養になります。
Photo_4
和室のお軸にも季節を感じます。お庭も紅葉して「秋のお茶会」日よりでした。
Photo_5
お食事の後は、全員でコンサートを楽しみました。ゲストは、マダムお知り合いの若いギタリストさんです。
優しい歌声とギターの音色がホームパーティ―を盛り上げてくれました。
最後のお茶は、私が淹れさせていただきました。皆様に美味しいと言っていただけて嬉しかったです。
お茶タイムでもおしゃべりは弾みます。
気づけば、外は暗くなりかけていました。
楽しいひとときは、アッという間に過ぎていきます。
マダムのおもてなしは、家路につくまで続いているようでした。


«お茶の花と種

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31